M16、NGC6611、IC4703 創造の柱(ナローバンド)


撮影者: 古都浩朗

撮影日時: 2018/06/14 01:06:06

露出: 75分 SII:5分×5, Ha:5分×5, :OIII:5分×5,, Gain:300, Offset:50(lowest read noise)

撮影地: 鳥取県 大山まきばみるくの里

鏡筒: Vixen R200SS + Corrector PH(0.95x) f760mm

撮影カメラ: ZWO ASI1600MM-Cool + SII, Ha, OIIIフィルタ

カメラ冷却温度: -15℃

赤道儀: Vixen SXP Equatorial mount

Auto Guider: PHD2 / QHY5L-II-M 130mm

撮影ソフト: Astro Photography Tool Ver. 3.54.1

導入補正: PlateSolve2による星図マッチング

画像処理: StellaImage8 ダーク・フラット補正、加算平均コンポジット、レベル調整、LRGB合成、Lab色彩調整、ノイズフィルタ

カラーチャネル: SAO(R:SII, G:Ha, B:OIII)


わし星雲と呼ばれる領域です。

中心部には「創造の柱」と呼ばれる細長い暗黒星雲があります。

その先端からは新しい星がどんどん生まれています。



RGBのカラー写真では暗黒星雲の構造がわかりにくいですが輝線のみを透過させるナローバンドフィルタで撮影すると構造がよく分かります。

M16は天の川の中にあります。


Wikipediaより引用

[よなご星の会]星星~HOSHI-BOSHI~

鳥取県米子市の星好きが集う「よなご星の会」のホームページです。

0コメント

  • 1000 / 1000