環水平アーク・環天頂アーク

・環水平アーク

撮影者: 森山慶一

撮影日時: 2018/04/26 13:05:00

露出: ISO1250 1/1600秒

撮影地: 米子市児童文化センター

レンズ: Tamron 28-300㎜ f3.5-6.3/28mm f22

撮影カメラ: Canon EOS6D

固定撮影

画像処理: Photoshop CC 2018


環水平(かんすいへい)アークは写真下に見えている虹のようなもの。

太陽の下46°のところに見られます。太陽高度が58°以上の時でないと見られません。

よく外暈(がいうん)や下部ラテラルアークと同じ高さに見えるため、間違えられることがあります。


・環天頂アーク

撮影者: 森山慶一

撮影日時: 2018/04/26 17:13:00

露出: ISO1250 1/2000秒

撮影地: 米子市児童文化センター

レンズ: Tamron 28-300㎜ f3.5-6.3/28mm f22

撮影カメラ: Canon EOS6D

固定撮影

画像処理: Photoshop CC 2018


環天頂(かんてんちょう)アークは写真上に見えている虹のようなもの。

太陽の上46°のところに見られます。太陽高度が32°以下の時でないと見られません。

他に環天頂弧(かんてんちょうこ)・天頂環(てんちょうかん)・天頂弧(てんちょうこ)・逆さ虹などとも呼ばれます。


どちらの写真も

太陽の周り(写真中央付近)に見えているのは内暈(ないうん)と呼ばれる暈(かさ)です。

太陽から22°のところに現れる大気光学現象です。


なかなかに珍しいものを見てしまいました。

同じような条件で、ラテラルアーク・タンジェントアーク・幻日なども見ることができます。

[よなご星の会]星星~HOSHI-BOSHI~

鳥取県米子市の星好きが集う「よなご星の会」のホームページです。

0コメント

  • 1000 / 1000