M13 ヘルクレス座球状星団

撮影者: 古都浩朗

撮影日時: 2018/04/10 01:12:13

露出: 50分 L:120秒×10, RGB:各120秒×5, Gain:300, Offset:50(lowest read noise)

撮影地: 鳥取県 大山町総合運動公園

鏡筒: Vixen R200SS + Corrector PH(0.95x) f760mm

撮影カメラ: ZWO ASI1600MM-Cool + L, R, G, Bフィルタ

カメラ冷却温度: -15℃

赤道儀: Vixen SXP Equatorial mount 

オートガイド: PHD2 / QHY5L-II-M 130mm

撮影ソフト: Astro Photography Tool Ver. 3.52

導入補正: PlateSolve2による星図マッチング

画像処理: StellaImage8 ダーク・フラット補正、加算平均コンポジット、LRGB合成 、レベル調整


M13は大きな球状星団で暗い空では肉眼でも見ることができます。

距離は約25,100光年。視直径 20'(arcminute)もあります。

写真左上、楕円状に写っているのは系外銀河NGC6207。

そのNGC6207とM13の中間あたりにも系外銀河IC4617の小さな姿が確認できます。


Wikipediaより引用

[よなご星の会]星星~HOSHI-BOSHI~

鳥取県米子市の星好きが集う「よなご星の会」のホームページです。

0コメント

  • 1000 / 1000